税理士事務所を探して経営を機動に乗せよう~税の問題を解決~

教えてもらおう

工夫次第で相場より安く

中小企業や零細企業などの経営者の方の中には会計ソフトを導入し会計業務を自社で完結したいと考えている経営者の方もいらっしゃるかと思います。 しかし当然のことながら会計ソフトはあくまでツールであり使う側に相応の会計知識がなければ使いこなすのは難しいといえます。 しかし、税理士に依頼すればソフトの中でつかわれる会計用語なども丁寧に教えてくれます。本来であれば、会計ソフトの導入は税理士の仕事を一部、奪うものでもあるのであまり歓迎されないものなのですが、企業などで行っている記帳代行業務は税理士にとってもコストに見合わない仕事なのです。 そこで最近では企業での記帳代行業務をやめ企業戦略の立案や財務管理などのより専門性の高い分野に特化するようになってきています。 顧問契約の相場は3億円以下の企業で月10万円ほどとなっているようです。 中小企業や零細企業の場合、税理士を顧問相談員として契約するのは大変コストがかかるかと思いますが会計の仕事の一部を自社で行い高度な財務処理や経営相談 を税理士に相談するようにすれば相場よりも安く業務を受けをってもらえるようになります。

顧問税理士に相談しよう

一般的に中小企業や零細企業などでは税理士の業務は会計業務や税務処理の実務などをサポートする役割で契約しているところが多いかと思います。 しかし税理士の業務は会計業務や税務処理の実務サポートだけではありません。 税理士と顧問契約を結べば税務の専門家の立場から様々な相談に乗ってくれます。 経営者や財務を担当している経営幹部の方であっても正しく自社の経営状況や財務状況を把握しているか不安があると思います。 しかし外部に高度な専門知識を持つ税理士をブレーンとして持つことで、安心して会社の運営に集中することができるようになります。 中小企業や零細企業の社長の本来行うべき業務は仕事を取ってくることだといえます。 財務にかかわる高度な判断などは税理士に相談してみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP