税理士事務所を探して経営を機動に乗せよう~税の問題を解決~

選び方

小さすぎても大きすぎてもいけない選び方

税理士事務所は一人の規模から数百人規模の税理士法人まで幅広く存在するものの、果たしてどの規模の誰にお願いをすれば良いのかが分からないと思います。 しっかりしていて、報酬の安いところにお願いしたいのはみんな同じですが、し数百人規模の税理士法人は一等地のビルにテナントを構えている他、事務スタッフなども大量に雇っているため報酬は高いと思わなければいけません。もちろん高い報酬を払っても良いなら、一人法人でも対応をしてくれるでしょう。しかし、大きい規模だからしっかりしているかというと、そうとも限りません。それは、大きな病院であっても新米医師からベテランまで幅広く居るということに過ぎません。なので、まずは友人知人に誰か紹介してくるかを聞くのが一番の近道になります。

税理士の報酬について

税理士の報酬はその処理量が基本になります。水道やガスと同じで処理する量が多ければ報酬も高くなります。また、税理士会で基本的なガイドラインは決められていますので、年間コストはあまり大きくは変わらないというのが実態です。 しかし、毎月のコストを少しでも安くしたいというのであれば、会計ソフトと基本的な仕訳を覚えるのが一番効果的なコストダウンになります。 それは、税理士に丸投げをすれば事務費用を取られますが、自分で一定やり、全問的なところや不明点だけを税理士にお願いすれば、一番安く済みます。 しかし、最初は分からないことも多いので、税理士にとにかく安くしたい旨を伝えておけば、最初は教えてくれると思います。 また、依頼をすぐにするのではなく、いくつかの税理士事務所を訪問し年間の条件が良いところにしましょう。

↑ PAGE TOP